傷んだ外壁を高耐久性のラジカル塗料で塗装する

こんにちは。
新潟市の住宅塗り替え専門店ハピクルリフォーム代表の富澤です。このページでは傷んだ外壁をラジカル塗料を塗装して蘇られる流れをお伝えします。

 

外壁はどうしても傷んでしまうものです。

築10年経つと下の写真のように外壁が剥がれてきてしまいます。

コーキングが劣化して隙間が開いてしまったり、外壁の塗装が剥がれて外壁材が剥き出しになってしまいます。

立地にもよりますが、だいたい築10年経つとこのような状態になってしまいます。

この状態のままにしてしまうと雨がどんどん入り込んでしまい、外壁が雨を含んでボロボロになってしまうのです。

一度傷みはじめるとそのスピードはとても早いです。

特にひと冬を超えると傷みが進行します。冷たい雨や雪が付着して凍結すると長時間外壁に水分が溜まってしまいます。そして溶けるときに外壁を腐食させてしまうのです。

これを凍害と言いますが、新潟は凍害がとても多いです。このような状態になる前に塗装できるといいですね。

それでは外壁を蘇らせる流れをお伝えしていきます。

 

高圧洗浄

塗装前に高圧洗浄を行います。外壁や窓には長年蓄積された汚れが溜まっています。

汚れの上に塗装するとすぐに剥がれてきてしまうので、塗装前に家全体を水洗いします。

高圧洗浄前

 

 

高圧洗浄後

 

高圧洗浄前は藻が外壁にびっしりついていましたが、高圧洗浄後は綺麗に落とせています。

外壁には見えない汚れがたくさんついているのでしっかりと洗い流していきます。

 

下塗り

下塗りには「シーラー」という塗料を塗ります。シーラーとは接着剤のような役割を果たしてくれます。

この上に塗る塗料の密着性を高めてくれ、傷んだ箇所を固めてくれる役割があります。

シーラーを塗ることでこの上に塗るラジカル塗料をガッチリ食いつかせてくれるのです。

外壁の隙間にも入るようにたっぷり塗装します。

 

ラジカル塗料 1回目塗装

次にラジカル塗料を塗装します。ラジカル塗料とは簡単に言えば耐久性の高い塗料になります。

紫外線や雨によって外壁は「ラジカル」という劣化物質を発生させてしまいます。手で触ると白い粉が付いたり、艶がなくなる現象はラジカルが発生した原因です。

そのようなラジカルを抑えて長持ちさせてくれる塗料が「ラジカル制御塗料(通称ラジカル塗料)」です。

耐用年数は13年〜18年とかなり長いです。

今までの塗料は耐用年数10年が平均的でしたので、長持ち年数がかなり伸びていますね。

時代とともに良い塗料がどんどん出てきました。今後はこのラジカル塗料が主流になっていくのではないかと思います。

 

ラジカル塗料 2回目塗装

最後の仕上げ塗装としてラジカル塗料2回目を塗装します。

塗装している艶は「3分艶」です。艶ありだとピカピカししますが、3分艶だと艶があまり出ません。

艶があった方が良い家と艶を抑えた方が良い家がありますので、そのお宅ごとに合った艶を提案していきます。

洋風で今どきのデザインのお宅であれば3分艶がベストかなと思います。

 

塗装完了

塗装後はとても綺麗に仕上がりました。

このような状態になると雨を弾くため丈夫な外壁になります。

 

ラジカル塗料はとてもおすすめできる塗料です。塗装費用を抑えることができるのに、耐久性は高いです。

これから塗装を考えている方はぜひラジカル塗料を検討してみてください。

当社もラジカル塗料の塗装を得意としていますのでお気軽にお問い合わせください。


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

【新潟市O様邸 屋根外壁塗装】錆の上から塗れる塗料 錆びにくくする錆転換剤を塗装...

錆びた鉄板屋根を塗装しました。合計4回塗りで耐久性抜群の屋根に蘇ります

【新潟市 外壁塗装】錆がひどいところに錆転換剤を塗って錆びにくくしていきます

【新潟中央区I様邸外壁塗装】外壁中塗り(2回目)を行いました

【新潟市 ベランダ床の防水】FRP防水がおすすめ

【新潟 外壁塗装】塗替え時期の判断は「たった3つのこと」をチェックするだけ!