新潟市中央区でトタンの外壁と瓦屋根塗装をお見積もりさせて頂きました

こんにちは。
新潟の住宅塗装専門店ハピクルリフォームです。

先日、お問い合わせがあり、新潟市中央区の御宅の外壁塗装と屋根塗装のお見積もりをさせていただきました。

 

築年数は40年近くなのですが、定期的に塗り替えをされているのでそこまで大きな傷みはありません。先回は10年前に外壁と屋根の塗装をされたということです。

外壁は触ると手の後がつき、色落ちがする状態になっていました。このような状態になると塗り替えのサインとなります。

手で触ると白い粉がつく状態を「チョーキング現象(チョークのような粉がつくためそのように呼ばれてるようです)」と言います。

チョーキング現象は塗膜が劣化しており、撥水性が無くなっているために起こります。ですので、雨が外壁内部に染み込んでしまい劣化を早めてしまいます。

 

外壁が劣化するとトタンの場合は錆が進行しますし、サイディングの場合はボロボロになり腐食の原因になります。

塗装できない状態になると外壁張り替えになり2倍〜3倍の金額になってしまいます。ですので早めに外壁塗装をされるといいですね。

 

今回見積もりをさせて頂いたO様は10年に1回塗装をされているのでちょうど良い間隔で塗装をされています。そのため築40年でも傷みの少ない御宅になっています。

瓦屋根のお見積もり

屋根は雨や雪や日光がもろに当たる場所なのでどうしても傷みやすいところです。そのためセメント瓦屋根は7年〜10年に1回は塗装が必要になります。

O様の御宅はセメント瓦です。

セメント瓦も塗装が必要な材質ですが、塗膜が薄くなるとセメントが剥き出しになるためセメントが流れ出してしまいます。

ずっと塗装しないとセメントが流れセメント瓦自体が薄くなり、雨漏りの原因になたり、瓦の葺き替えが必要になります。

瓦の葺き替えはかなりの金額になりますので、セメントが流れ出さないうちに塗装で丈夫に保たせることをお勧めします。

 

病気もそうですが、放置していればどんどん病状が悪化し、後で高い治療費がかかったり大変なことになってしまいます。健康は日々のメンテナンスが大事です。

家も同じで、早い段階で対処すると丈夫で長持ちな家になりますし、大きな金額をかけずに済みます。

大事な我が家ですので大切にしていきたいですね!


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら
外壁塗装・屋根塗装の教科書 プレゼント

外壁塗装・屋根塗装の教科書を数量限定で無料プレゼントしています。この教科書を読みたい方は一番下の請求フォームにお名前とメールアドレスをご入力ください。毎月先着5名さまに無料プレゼント致します。

この教科書で学べること

・外壁塗装・屋根塗装で30万円安くするための方法
・ぜった失敗しない!見積書の見かた
・なぜあの人は外壁リフォームで失敗したのか?その理由を解明
・これさえ知っていれば無駄なお金を払わず成功リフォームができる!
・外壁塗装の流れを知り、手抜き工事を防ぐ!

 

【無料】教科書のご請求はこちら>>

関連記事

【新潟市 住宅塗装】S様邸塗装工事開始!今日は足場組み立てです。

新潟市中央区S様邸 外壁・屋根塗装 塗替え報告書

【新潟 塗替え】軒裏と小壁を白色で塗装しました!使った塗料は「ケンケース」とても...

【新潟 塗替え】本日より新潟市中央区和合町S様邸 外壁塗装工事を行ないます!本日...

外壁塗装、屋根塗装で適している時期はいつ?

【外壁塗装】新潟市東区石山T様邸 軒裏の塗装を行ないました