新潟市 外壁剥がれ 修理修繕はお任せください!一部分でも塗装します!


こんにちは。新潟市の住宅塗装専門店ハピクルリフォームです。

「外壁が部分的に剥がれてきたから修理したい」

そのようなお問い合わせを頂くことはたくさんあります。

 

特に西日が当たる西面の外壁や屋根上の外壁などは傷みやすいものです。

 

今は全部塗装しなくても、部分的に塗装したいと考えている方もたくさんおられます。

 

当社では部分塗装も引き受けていますのでお気軽にご相談ください。

 

外壁部分塗装 事例

屋根上の外壁が剥がれてしまい、部分的に修繕してほしいというご依頼を受け、塗装させて頂きました。その様子をお伝えします。

 

塗装前

塗装前の外壁は古い塗装が浮いてしまい、ボロボロ剥がれてきている状態でした。

屋根上は雪がたまる場所ですし、湿気を含んでしまうため外壁が傷みやすい場所です。屋根は上がらないのでわからないことが多いのですが、意外と傷んでしまっている場合があります。

このような外壁でも部分的に修繕することは可能です。(傷みすぎている場合は塗装ではなく外壁張り替えが必要な場合もあります)

 

下地処理の様子

古い塗膜を除去

まずは、古い塗膜を取れるところまで取っていきます。浮いている上に塗装してもまたすぐに剥がれてきてしまうので、しっかりと古い塗膜を除去します。

 

 

その後、シーラーという下塗り塗料を塗装します。シーラーは外壁内部に浸透して、内部からガッチリ固まってくれる塗料です。

傷んだ外壁を固めることで塗料の乗りが良くなり密着度が高まります。耐久性向上に繋がっていきます。

シーラーは吸い込みが止まるまで2回、3回と塗装します。

 

 

次は塗膜を厚くする塗料を塗装します。塗装前の外壁は傷んでおり、表面が凸凹していたので、塗膜が厚くなる塗料を塗って表面を平らにしていきます。

 

 

その次に「砂骨ローラー」という模様をつける特殊なローラーで下塗り塗料を塗装します。

古い塗膜を剥がした場所と、既存の外壁には段差があり見た目が悪くなってしまうので、砂骨ローラーでさざ波模様をつけて段差を無くします。

下地処理には時間をかけていきます。

上に塗料を塗ることは簡単ですが、ただ塗るだけだと綺麗に仕上がりませんし耐久性も良くなりません。

 

下地処理をしっかりと行うことで、上に塗る塗料の密着が良くなり耐久性も上がっていきます。下地処理はとても大事な作業です。

ここまでするのに3日かかっています。下塗りも5回行っています。でも、これが大事なんですよね。早く終わらせるのではなく長持ちさせるために下地処理にはしっかりと時間をかけていきます。

 

最後の仕上げに上塗り塗料を2回塗装します。

既存の外壁部分と新しく塗ったところはどうしても色が違ってしまいますが、塗装前より格段に綺麗になりました。綺麗になっただけでなく外壁の耐久性も上がっています。

 

このように部分塗装するだけでも外壁はまた長持ちすることができます。

 

当社は外壁の部分塗装も承っていますので、お気軽にご相談ください。

 


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

錆びた車庫の屋根を塗装 ビフォーアフター

【新潟塗替え】セメント瓦屋根の塗装はいつが塗り替え時期?金額はどれくらいするの?

【鉄板塗装】錆転換剤を塗るとなぜ良いの?必要性はあるの?

【新潟市 外壁塗装】外壁にラジカル塗料を塗装しました 

西日で傷んだ破風板を塗装 綺麗に仕上げるためには?

ラジカル塗料 関西ペイントのアレスダイナミックトップ 耐久年数や価格は?