【新潟市O様邸 木部塗装】傷んでいた破風板がピカピカに輝きました!ビフォーアフター

こんにちは
新潟市の外壁塗装専門店「ハピクルリフォーム」代表の富澤です。

このページでは新潟市O様邸 破風板の塗装についてお伝えします。

塗装前の破風板

塗装前の破風板

塗装前の破風板は上の写真のように塗膜が薄くなり、木が剥き出しになっている状態でした。

この状態だと雨を吸い込ませてしまうため劣化が早くなってしまいます。ここから綺麗に仕上げていきます。

密着を高めるケレン作業

塗装前にケレン作業をおこないます

塗装前に古い塗膜を落とす「ケレン」という作業を行います。

ケレンは古い塗膜を落としたり、細かい傷をつけるので密着性を高めることができます。このような下地処理は塗料の耐久性を高める上でも大切な作業になります。

破風板1回目塗装

1回目塗装

破風板もローラーを使って塗装します。ローラーを使うことで塗料を置くように塗れるので塗膜が厚くつきます。

また、作業効率もいいのでローラーで塗装していきます。

1回目は木に吸い込ませるため、多めに希釈してサラサラした塗料を塗っていきます。

破風板2回目塗装

2回目塗装

しっかり乾かしてから2回目の塗装を行います。2回目からはドロドロした濃い塗料を塗っていきます。

破風板3回目塗装

3回目塗装

3回目もドロドロした塗料をたっぷりと塗装します。塗膜が厚くついてきたので光沢がかなり出てきました。

破風板塗装完了

破風板の塗装が完了しました。塗装前は木が剥き出しになっていましたが、塗装後はツヤツヤに輝いていますね。

このような光沢が出ると雨を弾くので破風板の持ちは良くなります。

1回目で木に吸い込ませるように塗っているので剥がれにくくなっています。

これからも丈夫な破風板であるためにしっかりと施工させていただきました。

このように綺麗になると気持ちがいいですね!

 


メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。
お問い合わせフォーム

LINEでもご相談をお受けしています。お気軽にお問い合わせください。
LINEでのお問い合わせはこちら

関連記事

【新潟市中央区屋根塗装】コロニアル屋根 遮熱塗料の下塗りを行いました

外壁を色分けして綺麗に塗装していきます

【鉄板塗装】錆転換剤を塗るとなぜ良いの?必要性はあるの?

【新潟塗替え 外壁塗装】破風板の塗り替え時期はいつ?

【新潟市 外壁修理修繕】費用・相場はどれくらい?

新潟市東区S様から外壁塗装のお見積もり依頼をいただきました