鉄板外壁を塗装していきます

こんにちは。
新潟市の外壁屋根塗装専門店ハピクルリフォームです。

今日は鉄板外壁塗装の様子をお伝えします。

 

外壁の素材には窯業系サイディングや金属系サイディングがありますが、今回は金属系サイディングの塗装の様子をお伝えします。

 

まずはサビ落とし

金属系サイディングの場合はサビが出てしまうことがあります。特に軒下の雨の当たらないところはサビやすいのです。

雨が当たらないので汚れがずっと付着しているため錆を生じさせてしまいます。ですので塗装前にしっかりとサビ落としをしていきます。

 

サビ落としをしたら、高圧洗浄をして家全体を綺麗に洗っていきます。

錆止め塗料 塗装

次に錆止め塗料を塗っていきます。錆止め塗料には一液型塗料と二液型塗料の2種類がありますが、今回は二液型塗料を塗っていきます。

 

二液型塗料は主剤と硬化剤が分かれているタイプの塗料で、塗る直前に混ぜて塗装します。硬化剤を入れることで乾くと塗料がガチガチに固まります。そのため錆びにくくて長持ちさせることができるのです。

 

サビがひどいところは先に「拾いサビ」という作業をします。拾いサビとは、サビがひどいところをタッチアップ(一部分塗装すること)しておき、その後全体的に塗装します。

 

そうすることで錆びているところは塗膜が厚くなるので錆びにくくなってきます。

 

上塗り1回目

錆止めを塗装したらしっかりと乾かし、上塗り1回目を塗装します。上塗りには二液性シリコン塗料を塗装します。

シリコン塗料は水に強く紫外線にも強いので高耐久性の塗料です。

この塗料をたっぷりと塗っていきます。

 

上塗り2回目

最後の仕上げ塗装として上塗り2回目を行っていきます。

上塗り2回目も同様にシリコン塗料を塗ります。希釈はあまりせず、ドロドロの濃い塗料をたっぷりと塗っていきます。

ローラーに塗料をつけたら塗っていきますが、伸ばして塗るのではなく塗ったらすぐに塗料をつけてまた塗っていきます。

薄く塗るのではなく、厚厚と塗料をつけていきます。塗膜が薄くなれば雨が染み込んだり紫外線で傷んでしまいますので、塗膜を厚くして外壁材を守るようにします。

 

国の工事(橋や公共施設の工事)では「膜圧検査」というものがあります。塗膜がどれくらいの厚さがあるかを確認する検査です。

塗膜が薄ければ橋は錆びやすくなってしまいますので塗膜の厚さはかなり重要になります。

 

私は若い時から国の仕事に関わってきたので塗膜の厚さがいかに大事かを理解してきました。見習いの時ですが、親方から「塗膜の厚さは大事だぞ」と言われてきました。

 

ですので今も塗膜の厚さにはこだわるようにしています。

 

このような流れで金属系サイディングを塗装していきます。錆びにくくて長持ちさせる金属系サイディングにするにはしっかりとした施工が大事です。

 


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

【外壁塗装】新潟市東区石山T様邸 シリコン塗料3回目塗装

外壁塗装、屋根塗装で適している時期はいつ?

【新潟市 屋根塗装】鉄板屋根に遮熱塗料を塗装しました。ビフォーアフター

【新潟市中央区 外壁塗装】今日は足場組み立てをおこないました

屋根に遮熱塗料を塗るとどれくらい涼しくなるのか?効果はあるのか?

【鉄板塗装】錆転換剤を塗るとなぜ良いの?必要性はあるの?