シャッターに錆転換剤を塗装 錆転換剤はなぜ必要なのか?

塗替え日記

[chat face=”IMG_11551.jpg” name=”ハピクルリフォーム代表 富澤” align=”left” style=”type1″]こんにちは。ハピクルリフォーム代表の富澤です。[/chat]

今日はシャッターに錆転換剤を塗装しました。

あまり錆びていない場合は錆転換剤を塗装しなくてもいいのですが、錆が進んでいる場合は錆転換剤を塗装して錆びにくくしていくのが良いのです。

 

上の写真のように、錆が進行したシャッターには、錆落としをしてから錆転換剤を塗装すると錆止め効果が高まります。

錆転換剤は赤錆(悪性の錆)を黒錆(良性の錆、つまり錆びていない鉄)の状態に変えてくれます。

根本から錆の原因を押さえることで錆びにくくさせてくれます。

 

錆転換剤がしっかり乾いたら、この上に錆止め塗料を塗装して、上塗りを2回行います。そうすれば丈夫なシャッターに蘇ります。

 

錆転換剤 塗装完了

錆転換剤を塗装すると、黒く変色します。こうなると黒錆に変わっているということなので、錆びにくくなってきます。

鉄は錆びるものですので、できるだけ錆を抑えるためにしっかりと下地処理をする必要がありますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました