セメント瓦を塗装しました 塗装回数は3回です。雨漏りもなくなり美しく蘇りました

こんにちは。
新潟市の外壁屋根塗装専門店ハピクルリフォームです。

このページではセメント瓦の塗装についてお伝えします。

 

I様のお宅は15年前にセメント瓦の塗り替えをされていますが、15年経つと結構傷んでしまいます。

 

セメント瓦の塗装が薄くなると砂が流れ出し瓦自体が薄くなってしまうのです。そのため割れやすくなったり、雨が浸透して雨漏りの原因にもなってしまいます。

 

ですのでセメント瓦は10年に1回は塗り替えると安心して過ごすことができます。

 

それではセメント瓦の塗装手順をお伝えします。

 

塗装前

塗装前は既存の塗装が剥がれておりセメントが剥き出しになっています。セメントが剥き出しになると砂がどんどん流れていき巣穴が空いてしまいます。巣穴とは瓦表面に小さな穴が出てしまうことを言います。

砂や細かい石が流れて、瓦が薄くなっている状態です。このようになると劣化が早くなってしまいます。

屋根は常に日光や雨や雪を受ける場所なのでどこよりも傷みが早い場所です。定期的に塗装することが大事ですね。

 

高圧洗浄

塗装前には必ず高圧洗浄を行ないます。瓦には古い塗膜や劣化した砂が表面に付いています。また、苔や藻も付いています。

それを落とさずに塗装すると剥がれの原因になってしまうのです。ですので塗装前には屋根全面を高圧洗浄します。

屋根はトルネードガンという特殊な洗浄機を使って強力な水圧で洗います。

水を回転させながら出す高圧洗浄機ですので瓦の汚れや古い塗膜を綺麗さっぱり洗い流してくれます。

 

下塗り

今度は下塗りをしていきます。瓦塗装は手塗りです。一枚一枚丁寧にローラーとハケを使って塗装します。

この下塗り塗料は、傷んだ瓦を新品のセメント瓦に戻す役割があります。ドロドロした塗料をたっぷり塗ることで巣穴を埋め、傷んだ箇所を補修し、密着性が高まる瓦にしてくれます。

かなり大事な工程です。

以前は吹き付けができましたが、最近は住宅が密集しているため吹き付けはなかなかおこなえません。ですので手塗りでおこないます。

手塗りの良いところは手の圧力がかかるため丈夫な塗装をすることができる点です。瓦の内部まで染み込ませることができるので丈夫になります。

悪い点は時間がかかるということです。一枚一枚手で塗るため、吹き付けの3倍〜5倍の時間がかかってしまいます。工事期間が長くなってしまいますね。

 

中塗り

中塗りからシルバー色のシリコン塗料を塗っていきます。シリコン塗料なので水を弾く性質があります。そのため雨を弾いてくれます。

雨の日は勢いよく雨を流してくれます。

 

上塗り

仕上げ塗装としてもう一度シリコン塗料を塗装します。中塗りの段階でも綺麗になっているのですが、上塗りをするとかなり綺麗なシルバーに仕上がります。

ちなみのこの色は「安田瓦色」という色です。新潟県阿賀野市の名産。あの「安田瓦」です。安田瓦は全国的にも有名で、塗料の色にも指定されているほどです。

全国の塗装会社はこの安田瓦色を使ってセメント瓦を塗装しています。新潟県民としては嬉しいですね。

 

塗装完了

3回塗装したことで美しい屋根に蘇りました。屋根は雨がもろに当たる場所なので定期的にメンテナンスすると安心して生活することができます。

傷んだ屋根を見ると「雨漏り大丈夫かな?」「傷みすぎて取り替えが必要にならないかな?」と不安を感じてしまいますが、塗装することでそのような不安はなくなるのでストレスが緩和されます。

 

塗装費用はかかってしまいますが、日々の生活を豊かにするという観点から見ると、屋根塗装は良い投資だと思います。

 

 


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

新潟市中央区S様のお宅をお見積もりさせて頂きました

【新潟中央区I様邸外壁塗装】外壁中塗り(2回目)を行いました

【新潟 外壁張替え】傷んだ幕板(帯)の上に板金を貼りました!傷みやすい幕板は塗ら...

【新潟市 住宅塗装】破風板(木部)の塗装を行いました。塗膜が無くなった木部に命が...

新潟市中央区S様邸 外壁・屋根塗装 塗替え報告書

鉄板屋根の錆止め塗料を塗装しました