外壁の防水の割れや隙間にはご注意を!雨漏りや外壁の腐食に繋がります

こんにちは。
新潟の外壁塗装、塗替え専門店「ハピクルリフォーム」代表の富澤です。

外壁には雨が入り込まないように防水がしてあります。この防水を「コーキング」と言います。

外壁と外壁の間にコーキングがしてありますが、月日が経つと隙間が空いたり、ひび割れを起こしてしまいます。

 

コーキングが劣化してしまうと外壁の内部に雨が入り込み、外壁の腐食を早めてしまいます。外壁が腐食してしまうと張替えが必要になり、その分リフォーム費用も高くなります。

ですので、コーキングのひび割れがある場合は早めに処置することがいいでしょう。

 

コーキングには「打ち替え」と「増す打ち」という2種類の施工方法があります。

コーキング打ち替えとは

コーキングの打ち替えとは、古いコーキングを取り、新たにコーキングを打ち直すことです。

古いコーキングがボロボロで手で触るとボロッと落ちてくる場合は、打ち替えが必要になります。

打ち替えが必要なコーキング

 

上記のような状態になっているコーキングは硬くなっており、手で触るとボロボロ落ちてきてしまいます。ですので古いコーキングを除去し、新しくコーキングを打っていきます。

劣化した古いコーキングを取ります。

 

その後、新しいコーキングを打っていきます。

 

コーキング打ち替えの場合は、古いコーキングを取る手間もかかりますし、コーキングをたくさん使うので費用が高くなります。1m1000円〜1200円程度の費用がかかります。このような状態になる前に塗替えをしておきたいですね。

 

 

コーキング打ち増しとは

コーキングの打ち増しとは、既存のコーキングの上に新しいコーキングを打つ方法です。

打ち増しで十分なコーキングの状態

 

既存のコーキングがボロボロではなく、大きな劣化がない場合はこの上からコーキングすることができます。

既存のコーキングを活かしつつ、新しいコーキングを打つことで防水効果を高めます。

打ち増しの場合は古いコーキングを取る作業もありませんし、コーキングの量もそんなに使わないため安くすることができます。1mあたり500円〜600円でできます。

安く済ませるためにも劣化する前に塗替えをおこないたいですね。

 

コーキングは家を守る上でとても大事なもの

コーキングは家の内部に雨風を侵入させないためのものです。とても大事な箇所なのです。

家の中に雨風が入ると、外壁を腐食させたり、シロアリを発生させてしまうことになります。劣化しすぎる前に対処できるといいですね。

 

コーキングがボロボロになっていたり、隙間が開いている場合は、早めの対処をオススメいたします。


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

【新潟塗替え 外壁塗装】塗料の種類って何があるの?一番いいのは何?

【新潟 ラジカル塗料】価格と耐久年数は?

【新潟塗替え 外壁塗装】腐食した外壁の上に塗装はできるの?

ラジカル塗料 関西ペイントのアレスダイナミックトップ 耐久年数や価格は?

【新潟塗替え 外壁塗装】霧避け屋根が錆びた時の対処法と塗装方法

【新潟塗替え 外壁塗装】破風板の塗り替え時期はいつ?