こんなコーキング劣化になったら注意が必要です

こんにちは。
ハピクルリフォーム代表の富澤です。

時間が経つにつれ外壁と外壁の間にあるコーキングや窓周りのコーキングは劣化していきます。

 

コーキングは家の内部に雨風を入れないための大事な箇所でもあります。ですので劣化してきたら早めの対処がお勧めです。

 

以下のように劣化した場合は早めに対処しましょう。

ひび割れがおきており、撥水効果も失われている状態です。このような状態になると雨が家の内部に入ってしまい害虫を呼んでしまったり、外壁を腐食させてしまいます。

 

このようになったコーキングは「打ち直し」か「打ち増し」という処置を行います。

 

打ち直しとは

打ち直しとは、古いコーキングを除去して新しいコーキングを打っていく方法です。

この方法は手で触るとボロボロ落ちてくるように、あまりにも劣化した場合に行います。

古いコーキングを除去するので手間賃が上乗せされるのと、コーキングもたくさん使うので材料費がかかります。

家一軒コーキング打ち直しする時は平均で10万円〜15万円になってきます。

 

打ち増しとは

打ち増しとは、既存のコーキングを生かしてその上に新しいコーキングを打つ方法です。

この方法ができるのは、既存のコーキングがそこまで劣化していない場合です。手で触ると弾力があり、ボロボロ落ちてこない場合は打ち増しが可能です。

打ち増しは既存のコーキングを取りませんので手間賃を抑えることができます。コーキングの量もそこまでかからないため料金も安めにすることができます。

家一軒打ち増しする場合は約5万円くらいです。

上の写真のような劣化具合であれば、打ち増しが可能になります。

 

コーキングが劣化したら、放っておくと家自体が傷みますし、外壁も張り替えが必要になったりします。

塗装する場合もコーキング打ち直しになると料金も高くなるので早めに対処すると安く済ませることができるでしょう。

もしコーキングのことでお悩みの場合はお気軽に私にお問い合わせください。無料で診断致します。


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

錆びた鉄板屋根を塗装しました。合計4回塗りで耐久性抜群の屋根に蘇ります

【新潟 外壁塗装】塗替え時期の判断は「たった3つのこと」をチェックするだけ!

【新潟市東区 外壁塗装】古い塗膜を落とす「ケレン」を行なっていきます

ラジカル塗料 関西ペイントのアレスダイナミックトップ 耐久年数や価格は?

【新潟外壁塗装】カラーシミュレーションをお客様にご提示いたしました

【新潟市 外壁屋根塗装】ガルバニウム外壁と鉄板屋根の高圧洗浄を行いました