【新潟市中央区T様邸】鉄部錆止め塗装とコーキング下地処理を行いました

こんにちは。
新潟市の住宅塗装専門店ハピクルリフォームです。

このページでは新潟市中央区T様のお宅の塗装状況をお伝えします。

今回は鉄部錆止め塗装とコーキング下地処理を行いました。

塗装前の目荒らし作業

鉄部の塗装前には必ず「目荒らし」という下地処理を行います。マジックロンという研磨材を使い鉄部全面を目荒らしします。

なぜ目荒らしをするかというと、密着性を高めるためです。

鉄部の表面に細かい傷をつけることで塗料がその傷の中に入り込むため密着度が高まるのです。

ツルツルの表面に塗装するより、細かい傷が付いている表面に塗装した方がガッチリと塗料が食いついてくれます。

錆止め塗料の塗装

今度は錆止め塗料を塗装します。ローラーを使って厚い塗膜がつくように塗装します。

コーキングの下地処理を行います

錆止め塗装完了後は窓や外壁のコーキング処理を行いました。

まずはマスキングテープを貼り、その後プライマーを塗ります。プライマーとは密着性を高める塗料です。接着剤の役割を果たしてくれる塗料ですね。

この塗料を塗ることで劣化した既存のコーキングを固め、密着性を高めてくれます。

 


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

屋根上の外壁は傷みやすいものです。定期的に確認しましょう!外壁張替えと外壁塗装の...

【新潟市】雨漏り修理 雨漏りの原因を見分ける6つのポイント

錆びた屋根を塗装しました 美しい屋根に蘇りました ビフォーアフター

新潟市西区A様邸のお見積もりをさせていただきました。

新潟市東区N様邸 屋根に錆止め塗料を塗装しました

【新潟塗替え 外壁塗装】腐食した外壁の上に塗装はできるの?