【新潟市O様邸 屋根塗装】セメント瓦の下塗り塗装をおこないました

こんにちは。
新潟市の屋根塗装専門店のハピクルリフォーム代表富澤です。

今日はセメント瓦の塗装をおこないました。

 

セメント瓦は10年に1回は塗装が必要です。塗膜が剥がれたり薄くなると、セメントの地が出てしまいます。

そうなるとセメントの砂が流れ出し瓦が薄くなってしまうのです。そうなると雨漏りの原因になったり瓦の葺き替えが必要になってしまいます。

安く済ますためにも、安心して生活するためにも定期的に塗装するといいですね。

 

塗装前のセメント瓦

塗装前の瓦はこのような感じです。塗膜が剥がれ、セメントの地が出ています。このように傷んでしまうと瓦自体の劣化も早くなってしまいます。

セメント瓦の塗装は3回塗りです

セメント瓦の塗装は3回塗りが基本になっています。

最近は飛散防止のため住宅地では瓦の吹き付けは行わないようになってきました。そのため手で一枚一枚塗っていくことが一般的です。

ハケとローラーを使って塗ることで隙間も塗装できますし手の圧力がかかるため丈夫な塗装ができます。

手間と時間はかかりますが、手塗りの方が良い出来になるのです。

 

下塗りの様子

下塗りは、密着を良くし、傷んだ箇所を補修する塗料を塗ります。

既存のセメント瓦は巣穴が空いている箇所があるので、巣穴にも塗料を塗り込み補修していきます。真新しいセメント瓦に戻していくイメージですね。

ハケで隅を塗り、平面はローラーで塗っていきます。

瓦屋根下塗りの様子は動画でも解説しています。

セメント瓦 下塗り完了

下塗りが完了しました。下塗りの段階でも綺麗になりましたね。

下塗り塗料はドロドロした塗料です。塗膜を厚くつけることができるので丈夫にすることができます。

たっぷりと塗ることで耐久性を上げることができます。

しっかり乾かした後は中塗りを行なっていきます。


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

【外壁塗装】新潟市東区石山T様邸 シリコン塗料3回目塗装

新潟市中央区S様邸の塗装工事がはじまります。今日は足場組み立てです

【新潟市O様邸 屋根外壁塗装】錆の上から塗れる塗料 錆びにくくする錆転換剤を塗装...

錆びた屋根に錆転換剤を塗装しました

軒裏と小壁を白く塗装していきます。純白に輝く小壁になりました

【新潟市O様邸 屋根外壁塗装】シリコン塗料で外壁中塗りをおこないました