【DIY】プロが教える!木の外壁を塗装する方法とお勧めの塗料

ハピクルリフォーム代表 富澤

ハピクルリフォーム代表 富澤
こんにちは。新潟市の住宅塗装専門店ハピクルリフォームです。

このページでは、木の外壁を塗装する方法についてお伝えします。

 

最近の家は木の外壁を一部貼っておしゃれにしていますよね。木の外壁を貼ることで印象がグッと良くなりおしゃれ感が一気のアップします。

 

ですが、木の外壁は時間の経過とともに色が黒ずんだり、塗装が剥がれてきてしまいます。

 

木の外壁をDIYで塗装する方も増えてきています。木の外壁だけでなくウッドデッキや手すりや目隠しなど、木部を自分で塗装して綺麗に保たせる方も増えていますね。

 

そこで、このページではDIYで木の外壁を塗装する方法とお勧めの塗料についてお伝えします。

 

お勧めの塗料は何?

木材には木材専用塗料を塗装します。木材専用塗料は浸透性があり、防腐効果があります。

 

木材は呼吸するものなので、膜を貼るような塗料だと呼吸できなくなりパリパリと剥がれてきてしまう可能性があります。剥がれないようにするために、木材に浸透する塗料を塗るようにします。

 

お勧めの塗料は「キシラデコール」です。木材専用塗料と言えばコレ!という塗料ですね。プロも使いますし、ホームセンターでも売っている超一流木材専用塗料です。新しい国立競技場にもキシラデコールが使われているようです。

 

キシラデコールは大きなホームセンターだと売っていますが、小さなホームセンターだと売っていないこともあります。そういう場合は楽天で購入するといいと思います。

 

楽天はホームセンターより安く買えますし送料無料で自宅まで届けてくれます。楽天が実は一番安く買えるのでおすすめです。以下のリンクから入ると最安値でキシラデコールを買うことができますよ。

【楽天】キシラデコール最安値はこちら

 

キシラデコールはブランドとして確率しているため価格はお高めです。安く済ませたいという場合は「ロックペイント ナフタデコール」もお勧めです。

 

ロックペイントは日本の塗料メーカーです。キシラデコールと同等の効果がありますが価格は半額近いのでより安い木材専用塗料を買いたい場合はナフタデコールがお勧めです。

【楽天】ナフタデコール最安値はこちら

 

キシラデコール 塗装事例

出典:https://www.xyladecor.jp/painting/diy/

キシラデコールをウッドデッキに塗るとこのように綺麗に仕上がります。

キシラデコールは木目を出す塗料なので塗りつぶしにはなりません。塗ると色が付き、木目もちゃんと出るので綺麗になります。

 

塗り替えの時はサンドペーパーで表面についている古い塗料や汚れや藻を取りましょう。ゴミも綺麗に掃いてから塗装していきます。

 

キシラデコールは新設したウッドデッキでも古いウッドデッキでも塗装できます。

 

出典:https://www.xyladecor.jp/painting/diy/

木の外壁にももちろんキシラデコールを塗装できます。

月日が経つと木の外壁に塗った塗装は色褪せたり剥がれたりしますよね。

そういう時はキシラデコールで塗り替えしましょう。

 

キシラデコールを綺麗に塗装するにはコツがいります。それはつなぎ目が出ないように1枚〜3枚づつ塗装していくということです。

 

上の写真を見るとわかりますが、上から順番に1枚づつ塗装していますよね。1枚づつ塗装することでハケのつなぎ目が出なくなります。

 

木の板を最初から最後まで通して塗装すると見た目が綺麗になる塗装ができます。1枚最後まで塗ったら次の板を塗装するようにするとプロの仕上がりになります。

 

当社は木の外壁の塗装も得意としていますので、もしDIYではなく塗装職人にお願いしたいという場合はぜひお気軽にお申し出ください。

 

DIYで自分で塗装したいという場合は、上記でご紹介した「キシラデコール」または「ナフタデコール」で塗装してください。きっと綺麗に仕上がりますよ!

 

 


メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。
お問い合わせフォーム

LINEでもご相談をお受けしています。お気軽にお問い合わせください。
LINEでのお問い合わせはこちら

関連記事

雪で屋根が破損!火災保険で直せる可能性があります

新潟市 外壁剥がれ 修理修繕はお任せください!一部分でも塗装します!

【新潟市 屋根塗装】鉄板屋根に遮熱塗料を塗装しました。ビフォーアフター

【新潟塗替え】セメント瓦屋根の塗装はいつが塗り替え時期?金額はどれくらいするの?

吹き付けの外壁に下塗りをしていきます

【新潟市O様邸 屋根外壁塗装】高圧洗浄をおこないました