【新潟市西区 外壁塗装】傷んでいる外壁だったので下塗りを2回行ないました。

こんにちは。
新潟市の外壁・屋根塗装専門店ハピクルリフォームです。

現在新潟市西区A様のお宅の外壁塗装をさせていただいていますが、A様のお宅の外壁は2種類あります。白い外壁と茶色の外壁です。

色も形状も違う外壁なのですが、茶色の外壁の方は溝が深いため雨が溜まりやすく、白い外壁よりも傷みが進んでいました。

塗装前の状態

 

塗装前の状態

写真だとわかりづらいかもしれませんが、外壁に塗ってある塗料が剥がれている箇所が見受けられました。

このように剥がれている場合はしっかりと下地処理をしないといけません。下地処理をしっかりせずに塗装すると、すぐに剥がれてきてしまうことがあります。

上部を綺麗にするのは誰でもできますし簡単です。しかし、上部だけでなく、見えなくなる下地をしっかりと施工しないと長持ちする外壁にできません。

 

ですので今回は下塗りを2回することにしました。下塗りの様子は動画にアップしました。

下塗り1回目は「シーラー」という透明の塗料を塗っていきます。シーラーは傷んだ箇所を固め、密着を良くしてくれる働きがあります。

 

下塗り2回目は「サーフ」という塗料を塗ります。この塗料は白い塗料で厚みがつく塗料です。塗膜が厚くなるので丈夫な外壁にすることができます。

下塗り2回目「サーフ」塗装中の様子

 

塗装前の外壁は外壁が剥がれ傷んでいるところがあったので今回は下塗り2回塗装することにしました。

通常なら下塗り1回なのですが、外壁を長持ちするために2回にする判断をしました。こういう判断は自社で施工するからできることです。

利益を出すことも大事ですが、利益ばかりに目を向けると本当にいい仕事というのはできないものです。

職人は「いい仕事をする」という心を忘れたら終わりだと思います。人が見ていようが見ていまいが、自分の信念を曲げず「最善の仕事をする」という心は持ち続けたいものです。

 

下塗りは見えなくなる部分です。この上に上塗りをすればどのような下塗りを行なったかというのはお客さんにはわかりません。

ですが、しっかりと下塗りをすれば時間が経てばわかります。下塗りをいい加減に行なっていれば外壁が剥がれてきたり傷みが早くなってきます。

しかし、下塗りをしっかりと行なえば長い年月外壁を丈夫に保たせてくれます。ですので見えなくなる下塗りこそ大事なことです。

 

どんなに良い塗料を上に塗っても下塗りがいい加減であれば良い塗料の効果は半減します。

外壁や屋根の塗装をするときは見えなくなる作業である「下地処理」や「下塗り」をしっかりと行なってくれる職人に依頼することが成功のカギです。

 


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

新潟市中央区I様邸 外壁塗装 塗替え報告書

【新潟市東区I様邸】外壁塗装をおこないました

新潟市西区A様邸のお見積もりをさせていただきました。

傷んだ外壁にラジカル塗料を塗装していきます

【外壁塗装】新潟市東区石山T様邸 外壁下塗り(シーラー塗装)を行ないました

【新潟市中央区】ガルバニウム外壁に密着性の高い錆止めを塗装しました