【新潟塗替え 外壁塗装】破風板の塗り替え時期はいつ?

こんにちは。
新潟の外壁塗装、塗替え専門店「ハピクルリフォーム」代表の富澤です。

破風板は家を守ってくれるとても大事な箇所です。

破風板は文字通り「風を破る板」です。破風板のおかげで家は雨や風から守られます。

 

破風板は雨樋が付いている木の板です。風をもろに受けるところですし、雨が当たりやすい箇所でもあります。

ですので破風板も10年に1回は塗装してあげるといいですね。塗装しないと木が腐食したり、雨樋が落ちてしまうことがあります。破風板も定期的にメンテナンスしてあげるのがいいですね。

 

破風板の塗装方法

破風板の塗装方法としては、

1、旧塗膜を落とす(ケレン作業)

2、下塗り

3、中塗り

4、上塗り

 

この4工程で行なっていきます。

 

まずは旧塗膜を「マジックロン」と「皮すき」という掃除道具と落としていきます。マジックロンはたわしのようなものです。皮すきは写真に写っているような道具です。この二つを使って旧塗膜を落とします。

 

そして塗装は、ハケとローラーを使って塗装しますが、平面はローラーでたっぷり塗料をつけるように塗装していきます。ローラーで塗装することで塗料がたくさんつきやすいです。そのため丈夫な破風板にすることができます。

 

破風板は家の箇所でも大事なところですので10年に1回は塗るようにしたいですね。


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

ラジカル塗料 関西ペイントのアレスダイナミックトップ 耐久年数や価格は?

【新潟塗替え 外壁塗装】塗料の種類って何があるの?一番いいのは何?

外壁の防水の割れや隙間にはご注意を!雨漏りや外壁の腐食に繋がります

【新潟塗替え 外壁塗装】腐食した外壁の上に塗装はできるの?

【新潟塗替え 外壁塗装】霧避け屋根が錆びた時の対処法と塗装方法

【新潟塗替え 外壁塗装】ラジカル塗装って何?丈夫なの?