【新潟市東区】傷んだ外壁はとことん下地処理を行います | 【新潟市住宅塗装 最安値】外壁塗替え専門店 塗装会社のハピクルリフォームです

【新潟市東区】傷んだ外壁はとことん下地処理を行います

塗替え日記
浸透性シーラー塗装の様子

[chat face=”IMG_11551.jpg” name=”ハピクルリフォーム代表 富澤” align=”left” style=”type1″]こんにちは。新潟市の住宅塗装専門店ハピクルリフォームです。[/chat]

西日が当たる面はどうしても傷みが進んでしまいますね。

外壁が剥がれてしまい、外壁材が剥き出しになる場合があります。

 

↑写真だとわかりづらいかもしれませんが、塗装が剥がれてしまい、外壁材が剥き出しになっています。

このような状態だと雨が染み込み、どんどん外壁を腐食させてしまいます。

特に冬は凍結してしまうため劣化の進み具合が早くなってしまいます。いわゆる「凍害」というものです。

昼間に染み込んだ雨が夜に凍結してしまうと、水分が膨張し外壁内部に隙間ができてしまいます。

それが繰り返されると外壁がボロボロになってしまうのです。

あまりにも劣化が進んでしまうと塗装不可になってしまうので、早めの対処がお勧めです。外壁張り替えになるとかなり高くなってしまいます(ToT)

 

傷んでしまった外壁は適切な下地処理が必要になります。ただ上から塗料を塗るだけではまたすぐに剥がれてしまうのです。

 

内部からガッチリ固める下塗り塗料を塗装

表面だけ固めても長持ちさせることはできません。

内部に塗料を浸透させ、内部からガチガチに固めることで塗装に適した下地にできます。

「浸透性シーラー」という塗料を3回、4回繰り返し塗ることで内部からガッチリ固めることができます。(1回塗っただけではダメ!固まるまで塗る必要あり)

 

塗装前は触るとボロボロ剥がれていた外壁ですが、塗装後は爪で引っ掻いても剥がれることはありません。

この状態になってようやく次に塗装工程に進めます。

上部だけ綺麗にしたって長持ちさせることはできません。

見えなくなるところを輝かせることで、見えるところも輝きます。

内面が大事ということですね。

 

下地処理をしっかりと行ってから次の工程に入っていきます。

コメント