【新潟市 ベランダ床の防水】FRP防水がおすすめ

こんにちは。
新潟市の住宅塗装専門店ハピクルリフォームです。

 

ベランダの床は月日が経つにつれ傷んできます。ひび割れを起こしたり、防水塗料が薄くなってしまうことがあります。

 

雨や日光が直接当たらないようなベランダであればそこまで心配ありませんが、雨ざらしになるベランダだと防水をする必要があります。

↑このようにベランダが外にあり、雨や日光は常に当たる場合は傷みやすいので10年に1回は防水塗装をすると長持ちする家になります。

 

防水しないとひび割れが生じて、そこから雨が染み込んでしまいます。最初は少量の雨漏りですが、だんだん雨がたくさん侵入していき、木材を腐らせてしまうこともあるのです。

 

雨漏りがひどくなり木材が腐ると、ベランダの床を全部剥がして木材を変えないといけなくなります。そうなると費用がものすごく高くなるので、早めに防水をすることをお勧めします。

 

おすすめの施工は「FRP防水」

防水工事には「FRP防水」「ウレタン防水」「塩ビシート防水」「ゴムシート防水」がありますが、最近はFRP防水を行うお宅が多いです。

 

FRPは貯水タンクやプールなどにも使われているもので、丈夫で防水効果が高いものになります。

 

FRP防水の施工方法は、ベランダの床を高圧洗浄機で綺麗に洗ってから、ポリエステル樹脂を塗り、ガラス繊維を貼り、その上にまたポリエステル樹脂を塗り、最後にトップコートを塗っていきます。

 

FRP防水をすることで雨漏りを防ぎ、安心した生活をすることができます。

 

軽度なひび割れの場合はトップコート塗装だけでOK

ベランダの床に多少のひび割れが生じた場合は、トップコートを塗装するだけで元通りにすることもできます。

 

大きなひび割れがあったり、すでに雨漏りが生じている場合はFRP防水をする必要がありますが、表面にひび割れが生じているくらいだと緊急性は高くありませんので、トップコートを塗装して防水効果を高めます。

 

トップコート塗装だけであれば安く済ませることができます。

 

ベランダの防水を長持ちさせるポイントとして5年に1回トップコートを塗るといいですね。そうすれば大規模な防水工事をしなくて済むのでランニングコストを安くできます。

 

FRP防水のメリットは?

FRP防水は表面が硬くなるので、摩耗や傷に強いです。

ベランダの上に物干しを置くと傷がついたりしますが、FRP防水であれば傷がつきにくくなります。

強靭な表面になり防水効果も高いです。

ウレタン防水よりも耐久性に優れています。

 

FRP防水のデメリットは?

FRPは硬い物質なので追従性があまりありません。

ですので地震などで家が揺れるとひび割れてしまうこともあります。

硬くて強い表面ゆえに、揺れに弱いという欠点があります。

追従性が重視する場合はウレタン防水の方がいいかもしれませんね。ウレタン防水は表面が柔らかく追従性があるので地震が起こってもひび割れは起こしにくいです。

まとめ

ベランダの防水工事では多くが「FRP防水」を行うお宅が多くなっています。

FRP防水にはメリットデメリットもありますが、耐久性も高く雨漏りを防いでくれるものですのでFRP防水をお勧めします。

 

当社でもベランダの防水工事を施工していますのでお気軽にお問い合わせください。


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

外壁クリア塗装ができる状態とできない状態とは?おすすめの外壁クリア塗料とは?

【DIY】プロが教える!木の外壁を塗装する方法とお勧めの塗料

屋根に遮熱塗料を塗るとどれくらい涼しくなるのか?効果はあるのか?

外壁の防水の割れや隙間にはご注意を!雨漏りや外壁の腐食に繋がります

【新潟市O様邸 屋根外壁塗装】高圧洗浄をおこないました

【新潟市 外壁屋根塗装】ガルバニウム外壁と鉄板屋根の高圧洗浄を行いました