塗装ができない外壁の状態について

ハピクルリフォーム代表 富澤

ハピクルリフォーム代表 富澤
こんにちは。ハピクルリフォーム代表の富澤です。

外壁の傷み具合によって塗装ができない場合があります。

外壁表面が剥がれ、外壁内部に水分が染み込み空洞化してしまった外壁は塗装ができません。

塗装ができない外壁の状態 一例

上の写真のように外壁が剥がれ落ち、外壁材が剥き出しになってしまった場合は塗装不可です。

この状態になると、時間をかけて良い下地処理をしても1年以内に剥がれてきてしまいます。

ですのでここまで傷んでしまった場合は、外壁張り替えや外壁上貼りをおすすめします。

しかしながら、家の方が見ても「これは塗装ができるのか?」「もう塗装はできないのか?」と判断することは難しいですよね。

 

判断が難しい時はお気軽にお問い合わせください。無料で点検させていただきます。

外壁は傷み始めると早いスピードで傷みが進んでしまいます。ほっといてしまうと塗装不可になり、高くつくことがあるのです。

傷みが進行するまえにぜひご連絡くださいね!

 


メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。
お問い合わせフォーム

LINEでもご相談をお受けしています。お気軽にお問い合わせください。
LINEでのお問い合わせはこちら

関連記事

【外壁塗装】新潟市東区石山T様邸 霧避け屋根(鉄部)塗装しました

塗装前は下地処理が大事!

新潟市 外壁の藻を丁寧に掃除します!お気軽にご相談ください!

新潟市中央区で外壁塗装のお見積もりをさせていただきました

錆びた鉄板屋根を綺麗に塗装しました。ビフォーアフター

【新潟市東区】外壁塗装工事完了!足場解体の日です ビフォーアフター