新潟市東区F様邸 外壁塗装工事 報告書

こんにちは。
新潟市の外壁・屋根塗装専門店ハピクルリフォームです。

このページでは新潟市東区のお客様の外壁、屋根塗装の様子をお伝えします。

 

工事前

築20年のお宅ですが、今回が初めての塗り替えになります。

20年経っていますが、丈夫な外壁材を使用していたため腐食は進んでいませんでした。

通常築20年経って1度も塗装しないとボロボロになってしまうのですが、そこまで傷んでいなくてよかったです。塗装すればまた長持ちしますし、綺麗になります。

ここから綺麗に仕上げていきます。

 

外壁塗装について

まずは、密着を良くする「シーラー」という塗料を塗装します。この塗料を塗ることで密着力が増します。

傷んだ箇所も補修してくれる役割があります。

 

今度はラジカル塗料を塗っていきます。以前はクリーム色の外壁でしたが、今回は濃紺を塗装します。

印象がガラッと変わりますね。

このような濃い色だと艶ありを塗装するとピカピカしすぎてギラついてしまいます。ですので艶を落としておぼろ艶にしました。

艶を落とすことでピカピカしすぎないので高級感が増します。

 

そして最後の仕上げ塗装としてラジカル塗料2回目を塗装します。たっぷりと塗って塗膜を厚くしていきます。

 

外壁の塗装が完了しました。高級感が出てとても綺麗ですね!

 

破風板の塗装について

塗装前の破風板は塗装が無くなっており、木が剥き出しの状態になっています。

このままだと木が腐食してしまうので塗装していきます。

 

1回目は木に吸い込ませるように塗っていきます。

そのため、ドロドロした塗料ではなく、サラサラした塗料を塗ります。

多めにシンナーを入れてサラサラな状態にすることで木に吸い込みます。

最初からドロドロの塗料を塗ると表面で膜を貼ってしまうので剥がれの原因になってしまいます。

1回目は木に吸い込ませていきます。

 

2回目からはドロドロした塗料を塗っていきます。

2回だけで足りない場合は、3回目塗装もします。

3回目の写真はないのですが、3回塗装しましたよ。

そうすると以下のように綺麗になります。

 

ピカピカに輝いていますね。

ガッチリ強い塗膜が形成されており、雨風から破風板を守ってくれます。

 

家は定期的にメンテナンスしてあげると長持ちします。築20年はまだまだ若い家です。

これからも幸せを育む家になってほしいと思います。

この度はありがとうございました。

 


メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。
お問い合わせフォーム

LINEでもご相談をお受けしています。お気軽にお問い合わせください。
LINEでのお問い合わせはこちら

関連記事

新潟市でシャッター塗装【錆落とし〜上塗りまでの流れ】

【新潟塗装職人】金属サイディングの塗装をおこないました!艶を失った外壁がダイヤモ...

新潟市中央区O様邸 外壁・屋根塗装 塗替え報告書

新潟市西区A様邸外壁塗装工事 報告書

新潟市東区S様邸外壁塗装・外壁一部張り替え工事 報告書

新潟市東区S様邸外壁・屋根塗装工事 報告書