【新潟 外壁塗替え】松下幸之助「苦難こそチャンス」

こんにちは。
新潟の外壁塗装、塗替え専門店「ハピクルリフォーム」代表の富澤です。

現パナソニックの創業者である松下幸之助さんは「苦難の時こそチャンスである」と言っています。

パナソニックの前身である「松下通信工業」の時代にも苦難の連続でした。しかしその苦難を苦難と受け止めず「成長できるチャンスだ」と受け止め、落ち込むことなく前向きに行動していったといいます。

 

こんなエピソードがあります。

 

松下通信工業(現パナソニック)には
「伝説の会議」と呼ばれているものがあります。

昭和36年。

 

松下通信工業の幹部全員が集まり会議が開かれていました。

これこそ後に「伝説の会議」と呼ばれるものです。

 

なぜ「伝説の会議」と言われるようになったのか、
その全貌をお伝えします。

 

この年、
トヨタ自動車から松下通信工業に対して、
大幅な値引き要求がありました。

 

トヨタに納めていたカーラジオを
半年以内に20%コストダウンしろ、との要求があったのです。

 

これは松下通信工業に
「倒産しろ」というに等しいくらいのムリな要求でした。

 

いきなりの要求に
幹部たちは怒りに燃える人もいましたし
絶望を感じる人もいました。

 

現段階でも利益はそんなに出せていないのに
さらに20%安くしろというのはあまりにもひどい話です。

 

「もう終わった」と感じる空気が漂っている会議室に、
あの男が現れます。

 

そう、
「松下幸之助」です。

 

ここから伝説の会議が始まります。

 

松下幸之助は幹部たちにこう聞きます。

「どうして、トヨタはこういう要求をしてきたんや?」

 

まずは、「なぜトヨタはそのような要求をしてきたのか?」ということから幹部と考え始めました。

そのような無茶な要求をするからには何かしら理由があります。相手の立場になって考えることから始めたのです。

 

トヨタのコストダウン要求の理由は、
貿易の自由化問題がありました。

 

GMやフォードといった大メーカーとの価格面での競争が本格化し、
このままでは日本の自動車産業そのものが滅んでしまう、
という危機感がトヨタにはあったのです。

 

そのためトヨタは松下通信工業に
無茶とも言える要求をしてきました。

 

そして松下幸之助は言います。

「そうか。そういうこっちゃな。
でも、よく考えてみい。

松下がトヨタさんの立場だったらどう考えるかや。
やはり、同じ要求をしていたかもしれんな。

君らは無茶な要求やと驚いてるが、 トヨタさんはどうや。

どうすればコストダウンを達成して、
日本の自動車産業を発展させていくことが
できるかという危機感でいっぱいやろう。

いわば業界全体、 さらには国のためを考えてるんや。

松下一社の話とは違うんや。

ここは『できません』と断ってはいかんと思う。
なんとしてでも、値を下げなければならん」

 

この発言に対して、 幹部の一人がこう発言した。

 

「けれどもトヨタの要求はまず5%、
半年後に15%。計20%という無茶なハードルです」

 

それに対して松下幸之助はこう返した。

 

「コストダウンというのは5%、
10%を目標にしたらかえってできないんや。

20%となると、もう小手先の知恵ではどうにもならない。
発想を全て変えないとできん。

大きさを半分にしてしまうくらいの発想でないと、これはできんわな?
これは単に値引き要求を受けたというだけのことではないんや。

日本の産業を発展させるための公の声だと受け止めなければならんのやないか?

もし20%の値引きに耐えられる製品ができたらどうや?
トヨタさんだけやなく世界で通用する製品になるんやないか?」

 

ここで、会議室の空気が一変したといいます。

 

絶望感が漂っていた会議室に
「やる価値がある!」という希望感に変わっていきました。

 

さらに松下幸之助さんは続けます。

 

「これができたときには全世界の会社が売ってくれと飛んでくるで。
そう考えると、これはピンチやないな。

松下にとって飛躍への天佑やな。
チャンスやと思わんか?

ありがたいことに、できたら買ってくれるという先まで決まってるんや。
こんなにありがたいことはないで。
普通は納入先を探さなあかんのやからな」

 

松下幸之助がこう語り終える頃には、
幹部一人一人の気持ちは燃えあがっていました。

 

彼らは知恵を振り絞り
要求に応えるために精一杯働きました。

 

さて、結果はどうなったでしょうか。

 

彼らはコストダウン20%達成したのです。

 

要求を出したトヨタ側も感激し、
松下通信工業に恩返しするために
販売数を上げるという形で答えました。

 

その結果、
松下は以前より利益が出たのです。

 

この苦しい要求がきっかけで
松下通信工業はカーラジオの
世界トップメーカーへと駆け上ります。

 

あの要求がなければ
今のパナソニックはここまで大きくなかったかもしれません。

 

試練が与えられ、
それを乗り越える努力をしたからこそ
成功を手に入れたのだと思います。

 

「人間は行きづまるということは絶対にない。
 行きづまるというのは、自分が“行きづまった”と思うだけのことである」
by松下幸之助

 

「好景気は企業が伸びる。不景気は人が伸びる」
by松下幸之助

松下幸之助はこのような言葉を残しています。

 

 

「神は乗り越えられない試練は与えない」と言います。
今自分の目の前にやってきた試練は、「君には乗り越えられる!」と神は思っているからこそ与えられている試練なのかもしれません。

この試練を乗り越えることができれば人としてまた成長することができます。

 

試練や苦難から逃げず、前向きに立ち向かっていくことは大事ですね。

 

松下幸之助さんのエピソードからもわかるように試練は人や企業を成長させるために必要なことなのだと感じました。


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

【新潟 塗替え】錆びた屋根を塗装!美しくなりました。雨を弾く丈夫な屋根に変貌!新...

【新潟市 住宅塗装】屋根塗装と外壁塗装 今日は高圧洗浄です!専用の高圧洗浄機を使...

【外壁塗装】新潟市東区石山T様邸 シリコン塗料3回目塗装

【新潟 塗替え】プリント版が剥がれていたので玄関天井を白で塗装!玄関が明るくなり...

【新潟市 住宅塗装】雨漏り防止のコーキング(シーリング)処理をおこないました!

【外壁塗装】新潟市東区石山T様邸 軒裏の塗装を行ないました