新潟市東区T様邸の鉄板屋根を塗装させて頂きました。

塗替え日記
中塗り中

[chat face=”IMG_11551.jpg” name=”ハピクルリフォーム代表 富澤” align=”left” style=”type1″]こんにちは。新潟市の住宅塗装専門店ハピクルリフォームです。[/chat]

今日は新潟市東区T様邸の屋根を塗装させて頂きました。

 

塗装前

塗装前の屋根は塗装がかなり薄くなっており、鉄板が剥き出しになっている状態でした。

幸い、錆が出ていませんでしたが、もう少しで錆がで始めるところでした。錆が出始めると早いスピードで錆が進行しますので、このタイミングで塗装できてよかったです。

 

錆落とし、目荒らし作業

塗装前に下地処理を行います。錆を落としたり、表面を研磨して塗料の食い付きを良くしていきます。

研磨のことを「目荒らし」とも言います。表面に細かい傷をつけることで塗料が傷の中に入り込み密着性が高まるのです。

どんなに良い塗料を塗っても剥がれてきたら意味がありませんよね。密着を高めるために下地処理はしっかりと行っていきます。

 

錆止め塗装

今度は錆止め塗料を塗ります。錆止め効果が高く、密着力が高い「エポキシ錆止め」を塗装しました。

グレーの錆止めを塗装しました。

 

中塗り

中塗り中

今度は中塗りを行います。

中塗りから色を塗っていきます。シリコン塗料というものを塗装していますが、シリコン塗料は耐久性が高く、撥水効果もあるので長持ちすることができます。

 

中塗り完了

中塗りが完了しました。この状態でも綺麗なのですが、まだ塗膜が薄いので、後日この上にもう一回塗装します。

もう一回塗ることで塗膜が厚くなり長持ちする屋根にすることができます。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました