新潟市東区N様邸 外壁下塗りをおこないました

ハピクルリフォーム代表 富澤

ハピクルリフォーム代表 富澤
こんにちは。新潟市の住宅塗装専門店ハピクルリフォームです。

今日は外壁下塗りを行ったのでその様子をお伝えします。

 

【下塗り1回目】傷んだ箇所は浸透性シーラーを塗装します

外壁が剥がれて傷んでいるところには「浸透性シーラー」という塗料を塗ります。この塗料は外壁内部に染み込んで、内部から固まってくれる塗料です。

通常の塗料は表面で膜を貼るのでなかなか浸透しにくいのですが、浸透性シーラーは内部に染み込んで内部で固まってくれます。そのため、傷んだ箇所がガッチリ固まるのです。

ガッチリ固まることで塗料の密着が良くなり耐久性が上がります。

 

【下塗り2回目】接着剤の役割を果たすシーラーを塗装します

今度は、接着剤の役割を果たすシーラーという塗料を塗っていきます。

この塗料を塗ることで、上塗り塗料の密着が良くなります。

この塗料を塗らないと上塗りの密着性が弱まってしまうので、この塗料はとても重要です。塗り残しがないようにたっぷり塗ります。

 

【下塗り3回目】塗膜を厚くしていきます

西面と南面は日光が当たるので傷みやすい箇所です。外壁を長持ちさせるために塗膜が厚くなる「ソフトサーフ」という塗料を塗ります。

この塗料を塗ることで外壁表面が厚くなり日光や雨からの被害を軽減できます。密着性も高まる塗料です。

 

これで下塗りが完了しました。

 

外壁塗装で最も大事と言っても過言ではないのが「下地処理」です。どんな良い塗料を塗っても剥がれてきたら意味がありません。

下地処理をしっかりおこない、密着性が良い下地にするからこそ良い塗料も本領発揮できます。

 

ただ上部(うわべ)だけを綺麗にするのではなく、下地からしっかりと施工することが大事です。

 

下地処理は時間がかかる作業ですが、この作業をしっかりと行なうか行わないかで後々大きな差が生まれます。

 

お客様にこれからも安心してもらえるように、下地処理は丁寧に行っていきます。

 

 


メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。
お問い合わせフォーム

LINEでもご相談をお受けしています。お気軽にお問い合わせください。
LINEでのお問い合わせはこちら

関連記事

【新潟市東区】ボロボロに剥がれてしまった軒裏(天井)を綺麗に塗装しました ビフォ...

トタン外壁の上塗り2回目をおこないました。ピカピカに輝いています

【新潟市東区】物干場 ポリカ屋根の張り替えを行いました

鉄板屋根の錆止め塗料を塗装しました

タイル調の外壁 2回目を塗装して仕上げていきます

【新潟市O様邸 屋根外壁塗装】外壁下塗り 錆止め塗料を塗りました