【新潟市 住宅塗装】雨漏り防止のコーキング(シーリング)処理をおこないました!

こんにちは。
新潟の外壁塗装、塗替え専門店「ハピクルリフォーム」代表の富澤です。

今日はコーキング処理についてお伝えします。

コーキング、またはシーリングとも言いますが、これは窓周りや外壁に雨が入らないためにおこなう防水処理です。

コーキングは月日が経つとひび割れしたり、劣化してボロボロになってしまうことがあります。

劣化するとそこから雨が入り雨漏りの原因になってしまうのです。

雨漏りすると外壁を腐食させてしまいますし、家の木材を腐食させたりシロアリを発生させてしまうこともあります。

ですので「我が家のコーキングは大丈夫か?」というのをぜひ確認してみてください。

 

 

コーキング前

コーキング前はこのような感じでした。S様は10年前に塗替えをされているのでコーキングはそこまで傷んでいません。このような状態であれば既存のコーキングを生かしてその上に新しいコーキングを打つ「増す打ち」が良い施工方法です。

 

コーキング処理には2種類の方法があります。

「打ち替え」と「増す打ち」です。

 

打ち替えとは既存のコーキングを除去して新しいコーキングを打つ方法です。

増す打ちとは既存のコーキングを生かして、その上に新しいコーキングを打つ方法です。

 

打ち替えは以下のような状態の時に必要になります。

打ち替えが必要な状態

このようにボロボロの劣化し、大きな隙間が空いている状態だと「打ち替え」が必要になります。

打ち替えは古いコーキングを除去し、新しいコーキングを打っていく方法です。

除去する手間がかかりますし、使うコーキングも多くなるので施工費用は高めになります。しかし、上記のような状態だと増す打ちはできないので、打ち替えが適切な施工方法と言えます。

 

増す打ちが適切な状態は以下です。

増す打ちが可能な状態

このように劣化はあまりしておらず、触るとまだ弾力がある状態であれば「増す打ち」が適切な施工方法と言えます。

既存のコーキングを生かし、その上に新しいコーキングを打つのでさらに丈夫になります。

 

このようにコーキングを打ち、ヘラでならしていきます。

 

コーキングが完了しました。これであれば雨漏りの心配もなくなります。

外壁と窓周り全てコーキングを打ったので家の中に雨が入ることはないでしょう。

防水処理はとても大事なことですので、傷んでいたら早めに対処したいですね。

 

明日は軒裏の塗装を行なっていきます。綺麗になっていく軒裏をぜひご覧ください!

【ビフォーアフター画像あり】軒裏塗装の様子はこちら


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

【外壁塗装】新潟市東区石山T様邸 足場組み立てをおこないました

【外壁塗装】新潟市東区石山T様邸 破風板2回目、3回目、そして4回目塗装

【外壁塗装】新潟市東区石山T様邸 軒裏の塗装を行ないました

【写真あり】新潟市東区石山T様邸 外壁塗装・塗替え報告書

【外壁塗装】新潟市東区石山T様邸 養生作業を行ないました

【新潟 外壁張替え】画像あり 傷んだ外壁を張り替えて塗装しました!