外壁塗装しないとどうなる? 画像あり

こんにちは。
新潟市の外壁塗装専門店ハピクルリフォームです。

 

外壁塗装はするべきなのか、しなくてもいいのか。

もししないとどうなってしまうのか。

 

こういったことを悩まれる方は多いと思います。

 

結論からいうと、外壁塗装はしないといけないものです。

 

築15年以上経つと外壁やコーキング部分が傷んでしまい、外壁を腐食させたり雨漏りが発生してしまうことがあります。

 

また、外壁がボロボロになり穴が空いてしまうと塗装が不可能になり外壁張り替えになってしまいます。そうなると費用は塗装の2倍〜3倍になってしまいます。

 

ですので可能であれば10年〜15年の周期で塗装した方が良いでしょう。

 

塗装しなかった場合の外壁

以下の外壁は20年ほど塗装しなかった外壁の状態です。

↑窓から雨がつたってきて窓下がボロボロになっています。手で触るとボロボロ落ちてくる状態です。

このようになると雨が家内部まで入り込んでしまうので木材を腐食させてしまいます。湿気があればシロアリが住みやすくなってしまいますので害虫被害も出ています。

窓下や屋根上などは傷みやすい箇所です。

 

こちらの外壁も20年近く塗装しておりませんでした。

雨が外壁内部に染み込み、どんどん腐食させてしまっています。穴も空いてしまい、雨が降るとドクドクと家内部まで入り込んでしまっている状態でした。

こうなると外壁だけでなく家全体に被害がありますし、カビなども発生するので健康にも良くありません。

こうなる前に早めに塗装したいところですね。

 

こちらは築15年ほどの外壁です。外壁自体はそこまで傷んでいませんが、コーキングがかなり劣化しています。

隙間が空いており、手で触るとボロッと落ちてしまうくらい硬くなっています。

このような状態になると防水機能は無くなるので雨が家内部に入り込んでしまいます。

15年経つと外壁だけでなくコーキングも傷んでしまいます。

外壁塗装しないと上の写真のように傷んでしまうことが多いです。

恐怖心を煽るわけではありませんが、上の外壁ようになってしまうと張り替えが必要になったりコーキング打ち替えが必要になるので費用が高くなってしまいます。

ですので、安心して生活するためにも出来るだけ早く塗装できると良いと思います。

 

もちろん予算の都合もあると思うのでそんなに簡単に外壁塗装はできないと思いますが、予算を抑える外壁工事方法もあるので落胆はしないでください。

 

予算内でできればまた安心して日々を過ごすことができます。

 

予算を抑える外壁工事方法とは?

予算を抑えるには、部分補修という方法もあります。

例えば日の当たる西面が傷んでいて、日陰の東面はそんなに傷んでいないのであれば、傷んでいる西面だけ直すこともできます。

そうすれば費用をグッと抑えることができ外壁をまた長持ちさせることができます。

 

 

また、外壁張り替えが必要な場合でも、全面張り替えるのではなく、傷んだ場所だけ張り替えて、傷んでいないところは塗装にするということもできます。

そうすれば費用を抑えることができます。

 

家全体を全て綺麗にできれば一番良いですが、予算的に厳しい場合はまずは傷んでいるところだけ直すという選択も大事です。

 

外壁塗装は高いからできない

外壁張り替えは高いからできない

だから今はやめておこう。

 

と考えるのではなく、傷んだ箇所をまずは直して家を長持ちさせよう。という考え方でも良いと思います。

 

当社は部分補修も得意ですのでぜひお気軽にお問い合わせください。

 


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

新潟市西区A様邸のお見積もりをさせていただきました。

ラジカル塗料(艶消し)の上塗りを行いました

外壁クリア塗装ができる状態とできない状態とは?おすすめの外壁クリア塗料とは?

傷んだ外壁を高耐久性のラジカル塗料で塗装する

【新潟市東区I様邸】養生作業とコーキング処理を行いました

【新潟市 外壁塗装】外壁にラジカル塗料を塗装しました