穴が空いた外壁をコーキングで埋めて塗装 元に戻す塗装をしました

こんにちは
新潟市の住宅塗り替え専門店ハピクルリフォームです。

このページでは穴が空いてしまった外壁を補修する様子をお伝えします。

施工前

施工前の外壁は上の写真のようにかなり傷んでいる状態でした。

なぜこのようになってしまったかというと、雨樋から雨が流れ出して外壁に雨が流れ、長期間このままになっていたためにこのように傷んでしまいました。

よく見たところ雨樋の施工が悪くて、外壁に雨が流れてしまうようになっていたのです。

ですのでまずは元凶である雨樋を修理しました。修理したら雨が外壁に流れることなく雨樋から流れるようになりました。

 

それから補修を開始します。

外壁補修

傷んでいる箇所を全面に「シーラー」という下塗り塗料を塗っていきます。

シーラーは傷んだ箇所をガッチリ固める役割があります。腐食した外壁はボロボロになっており、手で触るとボロッと落ちてしまうほど傷んでいました。

シーラーを3回塗って外壁内部からガッチリと固めます。

 

その後、コーキングで平らにしていきます。

 

 

コーキングで平らにしてから、リシンという砂状の塗料を吹き付けして周囲と同じ模様にします。

リシンを吹き付けることで補修した場所がわからなくなります。この上に上塗り塗料を塗れば補修完了です。

 

塗装後

和風に合った色を塗装すれば高級感がある外壁に仕上がりますね。

 

今回補修した外壁は、正直なところ張り替えが必要なくらい傷んでいました。しかし、張り替えが難しい箇所であり、予算的にも張り替えが厳しいこともあり、補修して塗装するようになりました。

時間をかけて丁寧に補修をしたので今後剥がれる心配はないでしょう。

一番良いのは、ここまで傷む前に塗装することと、傷んだ元凶を把握して対処しておくと良かったかもしれません。

外壁が傷む原因は意外と些細なことだったりします。その原因を改善してあげれば長持ちさせることもできます。

 

外壁や塗装に関してわからないこともあると思いますので、その時はお気軽にお問い合わせくださいね。


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

【スレート屋根の塗装】下塗り(シーラー)は飴色になるまで塗装します

【新潟塗替え 外壁塗装】ラジカル塗装って何?丈夫なの?

外壁塗装、屋根塗装で適している時期はいつ?

【新潟市東区I様邸】軒裏の塗装をおこないました

【新潟市O様邸 屋根外壁塗装】高圧洗浄をおこないました

外壁クリア塗装ができる状態とできない状態とは?おすすめの外壁クリア塗料とは?