傷んだ外壁を補修しました

こんにちは。
新潟市の外壁・屋根塗装専門店ハピクルリフォームです。

経年劣化により傷んでしまった外壁を補修しましたので、その内容をお伝えします。

 

補修前

雨が当たりやすい場所で、傷んでしまっている状態でした。

ちょうど屋根から雨が流れてくる場所なので、この外壁だけが傷んでいました。

外壁の塗膜が剥がれ、外壁の地が出ると、そこから雨が染み込み外壁を腐食させてしまいます。

腐食し始めると早いスピードで腐食を拡大させてしまいます。ですので傷み出したら早めに塗装するといいですね。

 

補修の流れ

傷んだ外壁は以下のように補修しました。

  1. 剥がれている塗膜や外壁を落とす
  2. 浸透性シーラーを3回塗って外壁をガッチリ固める
  3. コーキングで外壁を平らにする
  4. リシン吹き付けをして周りと同じ模様に戻す

このような手順で補修をしました。

傷んだ外壁は綿のようにボロボロしているので、浸透性シーラーという塗料を塗って、外壁内部からガッチリ固めました。

ガッチリ固めることで傷みが収まり、密着性を高めてくれます。

その上にコーキングをしてヘラで平らにしていきます。1回では平らにならないので、2回コーキングをして平らにします。

 

その後リシンという砂状の塗料を吹き付けして、周囲と同じ模様に戻します。

 

補修が完了した写真が以下です。

 

補修完了

傷んだ外壁でしたが、補修後は凸凹もなくなり周囲と同じようになりましたね。

この上に上塗りを2回塗っていくので、周りと同じようになっていきます。

 

補修は手間のかかる作業ですが、手間がかかるほどやりがいもあります。綺麗になると自分も嬉しくなります。

不良男子が更生して立派な男になると嬉しいように、傷んだ外壁が綺麗に蘇ると普通以上に嬉しいものです。

 

塗装という仕事は家を綺麗にする仕事なので本当に良い仕事だと実感しています。

 


メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。
お問い合わせフォーム

LINEでもご相談をお受けしています。お気軽にお問い合わせください。
LINEでのお問い合わせはこちら

関連記事

傷みきった破風板が3回塗装でよみがえりました

【新潟市西区】塗装工事が始まります。今日は足場組み立ての日です。

【新潟市東区 外壁塗装】古い塗膜を落とす「ケレン」を行なっていきます

【新潟 塗替え】今日の名言「瞳に涙がなければ、魂に虹はかからない」

新潟市東区N様邸 外壁下塗りをおこないました

【外壁塗装】新潟市東区石山T様邸 養生作業を行ないました