【外壁塗装】新潟市東区石山T様邸 外壁下塗り(シーラー塗装)を行ないました

こんにちは。
新潟の外壁塗装、塗替え専門店「ハピクルリフォーム」代表の富澤です。

今日は、外壁下塗りをおこないましたので、その様子をご紹介します。

 

T様の御宅は築20年ということもあり、ところどころ傷んでいる箇所がありました。そのため、下塗りをしっかりとしてあげる必要があります。

そこで今回塗装する下塗り塗料は「2液型浸透性シーラー」を使っていきます。

この下塗り塗料は、外壁の中まで浸透し、外壁内部でがっちりと固めてくれます。そのため、傷んだ外壁もガチガチに固まり丈夫な外壁に戻ってくれます。

女性のお化粧と同じで、下地調整はとても大事なものです。お肌の状態を良くすればお化粧のノリが良いのと同じように、外壁塗装も下地の状態を良くすると長持ちしてくれます。

見えないところもしっかりと施工するのが我が社です。

 

外壁塗装前

 

外壁塗装前は手で触ると白い粉がつくチョーキング現象が起きていました。艶もなくなり水を弾かない状態になっています。

 

下塗り塗装中

 

浸透性シーラーをたっぷりと塗っていきます。ダラダラ垂れるくらいたっぷりと塗装して外壁内部まで浸透されるように塗装していきます。

 

外壁の下の部分もしっかりと塗装します。地面に寝転んでちゃんと塗れているか確認しながら塗装します。

外壁は下の部分が湿気や雨を吸い上げやすいので傷みやすい箇所です。ですので下の部分も塗ってあげる必要があります。

こういうところはお客様が確認するところではありませんが、私は「見えないところもしっかりと施工する」というモットーがあるため、こういったところも塗装していきます。

 

下塗り塗装完了

 

これで下塗りの塗装が完了しました。艶が出ましたね。この状態になると良い下地になった証拠です。

 

この後は、中塗り、上塗りを行なっていきます。

 

中塗りの様子はこちら

 


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

今日から新潟市中央区T様邸の塗装工事が始まります。足場組み立てです

傷んだ外壁を補修しました

天井部分(軒裏と小壁)を白で塗装しました

【新潟市東区I様邸】瓦屋根塗装を行ないました。ビフォーアフター

【新潟 ウッドデッキ塗装】傷んだ木部が綺麗によみがえりました。

【新潟市O様邸 屋根外壁塗装】足場組み立てを行いました