新潟市西区 外壁重ね貼り 下地胴縁をつけていきました

塗替え日記

[chat face=”IMG_11551.jpg” name=”ハピクルリフォーム代表 富澤” align=”left” style=”type1″]こんにちは。ハピクルリフォーム代表の富澤です。[/chat]

今日は新潟市西区M様邸のお宅の外壁重ね貼り工事を行なっています。

重ね貼りとは、既存の外壁の上に新しい外壁を貼る施工方法です。

外壁の傷みが進んで塗装ができなくなってしまった場合は重ね貼りを推奨しています。


↑このように傷みが進んでしまった場合は塗装ができません。

 

新しい外壁を貼る前に、「下地胴縁」というものを取り付けます。

下地胴縁をつけることで空気の循環がされるようになります。空気の流れを作らないと湿気が溜まってしまい結露を引き起こしてしまいます。

下地胴縁は重要な役割を果たします。

 

天井部分は白い塗料で塗装しました。1回塗りでは仕上がらないので2回塗って仕上げていきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました