【外壁塗替え】傷んでいる面は2回下塗りを行います

ハピクルリフォーム代表 富澤

ハピクルリフォーム代表 富澤
こんにちは。新潟市の住宅塗装専門店ハピクルリフォームです。

今日は外壁の下塗り2回目を行いました。

 

西面は強い日差しを受けるのでどうしても傷みが早いです。日陰になる東面などは傷みが進みませんが、西面は傷んでしまいます。

 

傷んだ外壁の下地を良くするために、下塗り2回目を塗装しました。

下塗り1回目の様子はこちら

 

ソフトサーフという下塗り塗料を塗っています。

この塗料は塗膜が厚くつき、密着力を高めてくれます。塗装に適した下地にしてくれる優れた塗料です。

傷んだ面にはこの塗料を塗っていきました。

 

これで下地が良くなったので、この上にフッ素塗料を2回塗装していきます。

外壁塗装は下地処理が大事です。時間をかけて下地処理することでその上に塗る塗料も十分効果を発揮してくれます。

下地処理がいい加減だと、どんなに良い塗料を塗っても効果を発揮できません。

ガッチリ塗料を密着させる下地にすることが塗装で最も大事なことです。


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

【新潟 外壁塗替え】松下幸之助「苦難こそチャンス」

【新潟市中央区外壁屋根塗装】錆止めを塗装しました

【新潟市中央区 外壁塗装】物置の塗装と鉄板外壁に錆止めを塗りました

【新潟市東区 外壁塗装】破風板の塗装をおこないました

【新潟市外壁塗装】フッ素塗料を塗っていきます 専用下塗り塗料を塗装

【新潟 塗替え】外壁下塗り たっぷり塗って塗膜を厚くします!塗った塗料は「ソフト...