塀がきの塗装 剥がれた塗料を修復して綺麗に塗り直していきます。

こんにちは。
新潟の外壁塗装、塗替え専門店「ハピクルリフォーム」代表の富澤です。

塀がきの塗装が剥がれたり、塗膜が膨れて中に水が入ってしまうことがありますよね。

今回は塀がきの補修方法についてお伝えします。

塗膜が浮いてしまった塀がき

写真だとわかりづらいですが、塀がきの塗膜が剥がれ、ところどころ浮いているところがあります。

触ると中が空洞になっている音がするため、古い塗膜が密着していないことがわかります。

このようになった場合は、密着していない古い塗膜を全て剥がしていきます。

塗膜が浮いているところに、その上から塗ってもまた剥がれて来てしまうので、剥がせるだけ剥がします。

密着を良くする塗料を塗ります

古い塗膜を剥がせるだけ剥がしたら、今度は高圧洗浄して汚れを綺麗に洗い流します。その後、「シーラー」という密着を良くする塗料を塗ります。

お化粧もそうだと思いますが、下地が大事です。下地を良くすることで上に塗る塗料の密着が良くなり丈夫にすることができます。

ですので、下地を良くするためにシーラーを塗ります。

その後、剥がした部分と塗膜が残っている部分の段差をなくすために、「マスチックローラー」というさざ波模様がつく特殊なローラーを使って模様付けをします。

模様をつけた後に上塗りをします

模様付けが終わったら「シリコン塗料」を2回塗装します。たっぷりと塗装していきますよ!

 

塀がき 塗装完了

塀がきの塗装が完了しました。剥がした箇所もわからなくなり綺麗に仕上がりました。

塀がきの上の部分である「笠木」は茶色で塗装して高級感をだしていきます。笠木は雨が溜まりやすいところなのでたっぷりと塗装しました。

綺麗になってお客様にも喜んで頂きました。

 


メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。
お問い合わせフォーム

LINEでもご相談をお受けしています。お気軽にお問い合わせください。
LINEでのお問い合わせはこちら

関連記事

雨樋と鉄板破風板の塗装をおこないました

【外壁塗装】新潟市東区石山T様邸 外壁中塗りシリコン塗料を塗装しました

【新潟市東区】外壁塗装工事完了!足場解体の日です ビフォーアフター

【新潟市O様邸 屋根外壁塗装】足場組み立てを行いました

【新潟市 外壁塗装】鉄板外壁塗装が完了しました。3分艶で高級感が出ました

【新潟市東区】屋根の錆止め塗装を行いました